カテゴリー別アーカイブ: 未分類

税理士ができること

握手税理士に会社設立代行を依頼する意味はほかにもあります。税理士は税務のプロです。細かく法律で規定されている、素人には難しい税制について熟知しています。税務の視点から、役員報酬や決算月など、会社設立時に行う取り決め事項についてアドバイスできるのは税理士だけ。消費税の特例などを活用することで節税できることもあるため、会社設立時の書類作成の際、税理士に間に入ってもらうことは、とても有用です。会社を長く存続させていくにあたって、会社設立時に税理士のアドバイスを受けたかどうかが大きく影響していた、ということも少なくありません。

また、金融機関とのパイプがあることも税理士の特徴。創業時は融資が受けにくいものですが、事業計画書の作り方を教えてもらったり、金融機関を紹介してもらったりすることで、比較的融資を受けやすくなる、というメリットもあります。素人にはわかりにくい帳簿の付け方や決算書の見方などを無料で教えてくれることもあります。

業務をどのようにすすめていくか、という点に気を取られがちな創業時。素人にはわかりにくい税金やお金の部分からサポートしてくれる税理士に会社設立代行を依頼して、スムーズな創業と経営支援を手に入れたいですね。

会社設立代行とは

ハンコ会社設立代行サービスとは、会社設立の際必要な定款の作成と公証人役場での認証手続き、法務局への登記申請に必要な書類作成と登記手続きを、会社設立者に代わって行ってくれるサービスのことです。インターネット等で会社設立代行を調べると、司法書士、行政書士、税理士などがこのサービスを提供していることがわかります。

会社設立手続きには「定款の作成と認証」「登記申請」の二つの業務があり、司法書士は二つの業務に対応でき、司法書士は定款の作成と認証のみ、税理士は両方とも対応できない、と、明確な対応可能範囲の違いがあります。司法書士に依頼すれば会社設立の手続きはすべて完了しますが、行政書士や税理士に依頼するときと比べると費用が高くなります。行政書士と税理士に依頼すると、対応できない部分は提携している司法書士に依頼してやってくれるか、自分でやることになります。その分、会社設立の費用は安いので、開業コストをどのように考えるか、で誰に依頼するかを考えることもできます。

その中で、「会社設立代行費用0円」などをうたっていることが多いのが税理士。実は、会社設立後に顧問契約を行うことを前提に、会社設立代行をやってくれるのです。顧問契約というと、ちょっと心配になるかもしれませんが、会社設立後、帳簿のチェックや決算書の作成等でお世話になることも多い税理士。会社設立当初から深くおつきあいしておけば、その後の会社経営をスムーズにすすめるための強い味方になってくれる存在なのです。

会社設立をスムーズに

インターネットこれまでの経験や趣味を活かして仕事をしよう、と決意したときに考えるのが会社の設立です。会社設立の方法や手順、必要なものについては、インターネットなどで調べると、さまざまな情報を得ることができます。しかし、創業時は、事務所探しや取引先探し、顧客の開拓といった、業務に直接関わる動きだけでなく、創業資金の融資を受けるための、事業計画書づくりなども重要な仕事になります。また、会社の名称をどうするか、会社の種類をどうするかのほかにも、従業員を雇用するか、役員報酬をどうするかなど、組織の形態や会社の基本的なルールなど、決めなければならないこともたくさんあります。

そんな中で、慣れない会社設立のための書類を作成したり、手続きのために役所に行ったりするのは、なかなか困難。記載しなければならない事項も複雑で、何度も書類を修正し、役所通いをすることにもなりかねません。しかも、最初に誤った内容を記載してしまったら、修正するためには、高い費用がかかってしまいます。

会社設立手続きをスムーズに行い、ムダなお金や労力を使わないようにするためには、会社設立代行サービスを利用するのがおすすめです。中でも、税理士への会社設立代行依頼は、その後の会社経営を順調にするためのアドバイスが期待できるだけでなく、比較的安価で会社設立手続きをしてくれるというメリットもあります。このサイトでは、税理士への会社設立代行依頼についてご紹介します。