会社設立代行とは

ハンコ会社設立代行サービスとは、会社設立の際必要な定款の作成と公証人役場での認証手続き、法務局への登記申請に必要な書類作成と登記手続きを、会社設立者に代わって行ってくれるサービスのことです。インターネット等で会社設立代行を調べると、司法書士、行政書士、税理士などがこのサービスを提供していることがわかります。

会社設立手続きには「定款の作成と認証」「登記申請」の二つの業務があり、司法書士は二つの業務に対応でき、司法書士は定款の作成と認証のみ、税理士は両方とも対応できない、と、明確な対応可能範囲の違いがあります。司法書士に依頼すれば会社設立の手続きはすべて完了しますが、行政書士や税理士に依頼するときと比べると費用が高くなります。行政書士と税理士に依頼すると、対応できない部分は提携している司法書士に依頼してやってくれるか、自分でやることになります。その分、会社設立の費用は安いので、開業コストをどのように考えるか、で誰に依頼するかを考えることもできます。

その中で、「会社設立代行費用0円」などをうたっていることが多いのが税理士。実は、会社設立後に顧問契約を行うことを前提に、会社設立代行をやってくれるのです。顧問契約というと、ちょっと心配になるかもしれませんが、会社設立後、帳簿のチェックや決算書の作成等でお世話になることも多い税理士。会社設立当初から深くおつきあいしておけば、その後の会社経営をスムーズにすすめるための強い味方になってくれる存在なのです。


コメントは受け付けていません。