税理士ができること

握手税理士に会社設立代行を依頼する意味はほかにもあります。税理士は税務のプロです。細かく法律で規定されている、素人には難しい税制について熟知しています。税務の視点から、役員報酬や決算月など、会社設立時に行う取り決め事項についてアドバイスできるのは税理士だけ。消費税の特例などを活用することで節税できることもあるため、会社設立時の書類作成の際、税理士に間に入ってもらうことは、とても有用です。会社を長く存続させていくにあたって、会社設立時に税理士のアドバイスを受けたかどうかが大きく影響していた、ということも少なくありません。

また、金融機関とのパイプがあることも税理士の特徴。創業時は融資が受けにくいものですが、事業計画書の作り方を教えてもらったり、金融機関を紹介してもらったりすることで、比較的融資を受けやすくなる、というメリットもあります。素人にはわかりにくい帳簿の付け方や決算書の見方などを無料で教えてくれることもあります。

業務をどのようにすすめていくか、という点に気を取られがちな創業時。素人にはわかりにくい税金やお金の部分からサポートしてくれる税理士に会社設立代行を依頼して、スムーズな創業と経営支援を手に入れたいですね。


コメントは受け付けていません。